読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマサラダ

全体的に「今更」な感想とアレコレ

【PSP】タクティクスオウガ 運命の輪


主人公の胃に穴が開きかねないゲーム。


元々はSFCで発売された「タクティクスオウガ」をリメイクどころではないリメイク版が今回お話する

タクティクスオウガ 運命の輪


ジャンルはSRPG

将棋盤のようにマス目に区切られたマップの上でキャラクターを動かしながら進めるタイプのアレ。


このゲーム話がかなり重いのが特徴で、簡単に言えば民族紛争、なんですね。

登場人物もかなり多くてそれぞれのキャラクター(民族)がそれぞれの考え方、境遇があってなかなか「戦争やめ!」なんてできない状況。

主人公はそんな中で時には過酷な選択を強いられることも…みたいな。


主人公は時には辛い判断を迫られることもあるわけですよ。国を守るために。

で、そんな悩める主人公をですね。


姉が


主人公デニムの姉


カチュアさんが


もう、邪魔する邪魔する。


邪魔っていうと語弊がありますが

でも本当。ちょっと後にして!みたいな気持ちになるんですよね(実際作中で主人公も姉に似たような感情を抱く)

彼女少々キツめのブラコンで、ことある事に「私たちは姉弟よ?ずっと一緒よ?」と聞いてくるんですね。

いやね、軽いストーリーだったらこれも楽しむ要素の一つか、と思えるんですが。

仲間が囚われた、一刻も早く助けなくては、しかし今ここを離れたら他国に攻め入られてしまう…みたいな緊迫した状況でも

「ねぇ、戦いなんてやめましょう?2人で静かに暮らしましょう?」


…まぁ…一応ね、彼女も理由があって「コレ」なんですけどね…


姉さんがこれで、親友はどのルート選んでも裏切り、国の命運を委ねられ…


そんなツライ状況の中にも、どのルートを選んでも基本的にずっとついてきてくれる、明るい癒しキャラがいるんですよ。


上半身裸の鳥人間(ムッキムキ)が


なんかもう…キツめのキャラが多すぎて鳥人間が可愛くもカッコよくも見えてくる謎の現象。

ヒロイン兼親友ポジみたいな。

最強じゃないの。



ボリュームも多く、手軽にできるゲームではないですが ハマると面白いのでゼヒ。

弓兵が恐ろしく強いぞ!


タクティクスオウガ 運命の輪(特典なし)

タクティクスオウガ 運命の輪(特典なし)