読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマサラダ

全体的に「今更」な感想とアレコレ

【SFC】ときめきメモリアル 伝説の樹の下で

私は女ですが
艦これ、デレステみたいな「女の子のたくさん出るゲーム」が結構好きだったりします。
ドラクエIII世界樹の迷宮も女の子まみれのパーティ作るし


ときめきメモリアル」も女の子のたくさん出るゲーム、恋愛シミュレーションゲームの金字塔的なアレですね。いわゆるギャルゲー

元はPCエンジンのソフトで そこからいろいろなハードに移植されています。プレステ、セガサターンゲームボーイカラー
そのぐらい革新的なソフトだったんですね。


ゲームの目的は簡単に言えば「3年の高校生活の間に女の子から告白されろ」。この「されろ」ってところがポイント。

女の子に好きになってもらうために、主人公がやらなければいけないのは「自己鍛錬」。
勉強や部活、友人と遊んだりお洒落をしたりと ひたすら自分の魅力を鍛えて 女の子に好意を抱いてもらわなきゃいけないんですね。モテるって大変。

休日は前もって約束していれば女の子とデート(デートの約束は電話。なぜか電話番号はクラスの友人(男)に教えてもらうシステム。なぜ知ってる…)
ここで平日の自分磨きの成果が出るわけですね。容姿が悪い(パラメーターが低い)と無言で女の子は帰っちゃったりします。厳しい

このデートの選択善し悪しで主人公に対する好感度が上がっていきます。平日の努力が実を結ぶ瞬間。

女の子達はそれぞれ好感度と爆弾を持っていて、
好感度はそのままの意味なんですが
大事なのは「爆弾」の部分。

爆弾はつまり「不満度」
嫌なことを言われる、される、放っておかれる、他の女の子と仲良くするとみるみるうちに不満が溜まり…というなんとも恐ろしくリアルな要素。
このゲーム、自分のパラメーターを上げる→一定のパラメーターになると女の子と出会うイベントが起こる、というシステムなので 事前に情報を知らないとわりとじゃんじゃん女の子と知り合っちゃうんですね。(逆に言えば全然出会えない子もいるわけだけど)

複数の女の子と知り合うのは、その分爆弾を抱えることになるので
かなり攻略が面倒なことに…
爆弾が爆発すると、他の女の子に「〇〇ちゃんは主人公に傷つけられた」と噂が広がってしまい全体の好感度が激減…。うわぁ、なんかリアル。

そういった事にならないように、出会った女の子全員とはこまめにデートが欠かせないわけですね。モテるって大変。

そんなヒロイン達は総勢12人。多い。
多いけど、その分キャラもそれぞれしっかり付いていて
幼馴染み、真面目、おっとり、変人、高飛車、元気、変人(2回目)と
誰がやっても1人ぐらい「あ、この子可愛いな」と思わせるように上手く出来てるんですよ。
最初はそうでもなくても会話やイベントで意外な一面を見て…みたいなパターンもあり、攻略が楽しい。

全員攻略!的なやり込み要素もあり、作業ゲー好きな私はかなりハマれました。同性にモテてどうするんだ…。

流石に絵柄こそ古いものの、今でも楽しく遊べるゲームだと思うので
やったことない方はゼヒ。


ちなみに私は片桐彩子ちゃんが好きです。エセ外国語使うところが。


ときめきメモリアル 伝説の樹の下で

ときめきメモリアル 伝説の樹の下で

  • 出版社/メーカー: コナミ
  • 発売日: 1996/02/09
  • メディア: Video Game