読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマサラダ

全体的に「今更」な感想とアレコレ

【PS】アストロノーカ

カタカナだけのタイトルってなんだかカッコイイ。
アークザラッド」とか「ポリスノーツ」とか。

「アストロノーカ」もそんなタイトルカタカナゲーム。パッと見カッコよさげ。そう、パッと見…



アストロノーカ

アストロノーカ

  • 出版社/メーカー: エニックス
  • 発売日: 1998/08/27
  • メディア: Video Game
  • クリック: 20回


宇宙を舞台にした農業シュミレーションゲーム「アストロノーカ」
ゲームの目的は「数々のコンクールで優勝を重ね、宇宙一の農夫になること」

すごくシンプル。

目的も然ることながら ゲームの流れもこれまたシンプル。

種を手に入れ
作物育てて
ついでに害獣対策用のトラップもしかけて
罠にかかりまくるニクイヤツの様子をニヤニヤ眺めて
↓   翌日
収穫(この時種も一緒に採れる)
種同士をかけあわせて新種の作物を生み出す
育てる

の繰り返し。すごくシn
で、育てる作物にはそれぞれ「属性(重いとか 甘いとか 面白い模様だとか)」が設定されていて  種同士のかけあわせ(交配)によって変化したりしなかったりする。
これがなかなか楽しい。属性の変化は野菜そのものの価値になったりするので「育ててる感」が出るし、「豆つぶサイズでゾウより重い」みたいなトンデモ野菜を作ることもできちゃったりする。どういうことだよ。
手塩にかけて育てた作物達がコンクールで審査員にベタ褒めされるとなかなかな達成感。頑張って交配マシンとにらめっこし続けた甲斐があるってもんですよ。

ただ、平和にのんびり作物育てていればいいのかというとそういう訳にもいかない。お邪魔キャラの登場である。
さっきの流れにしれっと書いた害獣ってのがこのゲームにおけるお邪魔キャラ「バブー」。
このバブー、キョロちゃん的なポップで可愛い外見しておいてやることは害獣そのもの。

そう、
畑に侵入して作物をたらふく食べる。
そりゃあもう食べる食べる。食べたいだけ食べる。で、満腹になったら帰って行く(たまーに何も食べずに帰ることもある)   子供かよ。
食べられた作物は傷物になってしまうのでこうなると価値も激減。コンクール用の作物なんか食べられた日にはもう…

で、これを追い払うのが日中仕掛けたトラップの数々。
バブーの追い払い方は

1、疲れさせる
2、やる気を失わせる
3、諦めさせる
4、穴に落とす
5、川に流す  空に飛ばす
6、エサを与えて満腹にさせる

のどれか。
トラップを上手く配置してバブーが帰ればこちらの勝ち。作物も無事だし、カッコよく追い払えばよりよい成長をしたりする(作物の世話をするロボットのテンションが上がるらしい) これも結構大事な要素。ただのお邪魔じゃないぞ、と。

でもバブーもただやられてるだけじゃない。こいつら、生意気にも進化しやがるのだ。
ポケモンとかの進化じゃないぞ。生物学的な方の進化。
連続で同じ罠を使い続けているとその罠を攻略するように進化する。落とし穴だったら「脚力が上がる」とか「軽くなる」とか。
こうなるともう落とし穴なんか全く効かない。ガン無視ですよ。ツライ

なのでこちらも手を変え品を変え、ありとあらゆる手でバブーを追い返します。体重が軽くなったなら扇風機で吹き飛ばして川流しにしよう…みたいな(ホントにそういう罠がある)


農業して、害獣駆除して、農業して、害獣駆除して、育てた作物を品評会でお披露目、そしてまた農業…  延々とその繰り返しなのに不思議と楽しい。そんなゲーム。

アーカイブスも出てるのでゼヒ。